極上金かすてら(P)

極上金かすてら(P)

素材へのこだわり

商品紹介


極上金かすてら(Z)

極上金かすてら(Z)

手焼き限定品

商品紹介


絵文字カステラ

絵文字カステラ

職人のこだわり

定型商品紹介

購入方法について


カステラ ラインナップ

カステラ ラインナップ

カステラの歴史

商品紹介


健康・安全について

健康・安全について

健康・安全について

カステラができるまで


文明堂について

文明堂について

文明堂の歴史

会社概要

お知らせ


店舗案内

店舗案内

一覧

喫茶室

カステラの歴史

大航海時代、はるかなインド洋を渡って

今では誰もが知っている「カステラ」ですが、その起源はきわめて古く、紀元前3世紀ごろ『ローマ帝国の穀倉』と呼ばれていたスペインで、その原形となったビスコチョという菓子がつくられたと言われています。ビスコチョはスペインの修道院や尼僧院などでよくつくられ、古来慶事には欠かすことのできないとてもおめでたい菓子であったようです。

そして日本には今から約400年以上も昔、しばしば大河ドラマの名舞台ともなる戦国時代に、キリスト教などとともにヨーロッパからもたらされました。もたらされた品物の中には「種子島」とも呼ばれ、日本の天下統一を早めるきっかけともなった鉄砲を始め、ギヤマン、コップ、タバコ、カッパ、そして食べ物ではカステラ、コンペイトウ、ボーロなど、それまで日本人の知らなかった品物が数多く含まれていました。

「南蛮」とは中国漢民族から見た南の異民族の呼称でした。しかし当時の日本人がいう「南蛮」とはポルトガルやスペインなどの国のことを指しました。それは彼らヨーロッパ人の多くが、東南アジアを経由して日本へやってきたからです。正確には同じヨーロッパ人でも日本へ最初にやってきたポルトガルやスペインを「南蛮」、オランダやイギリスを「紅毛」といい区別していたようです。しかし渡来した品物や菓子、文化に関しては全て「南蛮渡来」という言い方が使われていました。つまり「南蛮渡来」とは今でいう直輸入、あこがれのヨーロッパインポートブランドだったのです。しかしこのインポートブランドは今のように百貨店やブティックに行けば誰でも買えるといったクラスのものではありませんでした。織田信長や豊臣秀吉、徳川家康など、歴史上に名を連ねる人物しか手に入れることのできなかった超貴重品だったのです。

このカステラですが、“カステラ”という呼び名は日本独自のもので、実は蛮語(外国語)ではありません。12世紀から15世紀頃にかけてヨーロッパに存在していた「カスチラ王国」から独立した、ポルトガルやイスパニアの異名からとったものと記されています。昔は「加須底羅」や「加寿天以羅」などと書いていたようです。当時の日本では、長崎の初代代官を務めた村山等安がカステラの製造方法を習得し、南蛮料理とともに豊臣秀吉に献上したといわれています。「カステラ」は戦国の大ロマンとともに生き、現在まで伝わっている菓子なのです。

長崎出島

南蛮菓子から和菓子へ

唯一の外国との窓口としてにぎわう長崎出島へ伝えられた「カステラ」は、その後製法を少しずつ変えながらだんだんと日本に合うように変化し、全国へと広まっていきました。伝えられた当初は原材料を混ぜ合わせて蓋付の鍋に入れ火で焼くというものでした。その後時代の移り変わりに従って、炭釜からガス釜へ、さらに電気釜へと変わり、横浜文明堂ではさらに研究を重ね、現在は他では真似のできないただひとつの製法で「カステラ」を製造しています。「カステラ」は、生まれた当時からふんわりと焼き上がるまでに1〜2時間もかかるとても手のかかる貴重品だったのです。

トップページへ戻る